本文へジャンプ

information

結婚相手紹介サービスの、親への訪問や電話勧誘にご注意ください

2017年11月17日

焦る「親心」が狙われています!

近年、未婚率が上昇し、晩婚化が進展していることを背景に、親に結婚相手紹介サービスの情報を提供したり、親が子の代理としてお見合いをしたりするなど、子の結婚に親が関与することのできる多種多様なサービスが、結婚相手紹介サービス業者から提供されています。

しかし、全国の消費生活センター等には、親が関与する結婚相手紹介サービスに関するトラブルが複数寄せられています。特に、親に対して電話での勧誘や家庭への訪問を行い、それをきっかけに親や子に契約させる業者とのトラブルの割合が年々増加しており、2017年度は現時点で、親が関与する相談の約半数を占めています。事例の中には「子が結婚しないのは親の責任」と訪問した業者に迫られたものや、「子に話すと反対するから内緒にするように」等、結婚の当事者である子にきちんと説明等をしないままに、契約をさせる業者とのトラブルもみられます。
〇具体的な相談事例
・母が業者から、当事者である子や周囲に契約を秘密にするようにと言われた
・クーリング・オフを申し出たところ、返金はしないと言われた
・来年までに結婚させると勧誘され契約したが、誰も紹介されないので解約したい
・国内でお見合いしたがうまくいかず、海外のお見合いを勧められたが断りたい
・事前の説明無く、国際結婚の成婚料として突然約250万円の請求をされた

〇相談事例からみられる問題点
・子の結婚に関する親の不安をあおるなど問題のある勧誘が行われている
・契約をすれば、必ず子が結婚できるようなことを言われたり、約束どおりの紹介がされなかったりするケースがみられる
・クーリング・オフをしても返金されなかったり、中途解約時の解約料が高額だったりする等、解約時の返金トラブルが多い
・事前の説明がないまま、国際結婚として突然多額の費用を請求されるケースがみられる
などの相談が寄せられています。

〇消費者へのアドバイス
・結婚相手紹介サービスの契約に親が関わる場合には、まずは結婚について子と十分に話し合い、サービス内容等を子とともに慎重に確認しましょう
・契約の内容について十分理解し、様々な情報を比較検討して業者を選びましょう
(どんなサービスなのか、契約条件、解約条件、中途解約時の解約料について)
・断っているのに訪問や電話で執拗に勧誘をしてくる業者や、書面を交付しない業者等とは契約しないようにしましょう
・結婚相手紹介サービスは成婚を約束するものではないことを認識しましょう
・トラブルとなった場合等には、消費生活センターに相談しましょう

詳しくは、次のホームページをご覧ください。(国民生活センター)
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20171019_1.html

===========================
消費者トラブルでお困りの時などは消費生活センターにご相談ください!
===========================
消費生活センターでは、皆様から消費生活に関するご相談をお受けしています。県の消費生活センターは次の4か所です。(相談時間 平日8:30~17:00)

北信消費生活センター   TEL 026-223-6777
http://www.nagano-shohi.net/madoguchi-nagano.html
中信消費生活センター   TEL 0263-40-3660
http://www.nagano-shohi.net/madoguchi-matsumoto.html
南信消費生活センター   TEL 0265-24-8058
http://www.nagano-shohi.net/madoguchi-iida.html
東信消費生活センター   TEL 0268-27-8517
http://www.nagano-shohi.net/madoguchi-ueda.html

長野県消費生活情報ホームページ http://www.nagano-shohi.net/

詳しくは、次のホームページをご覧ください。(国民生活センター)
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20171019_1.html

グローバルメニューへジャンプ

ページのトップへ